Staff

ダンス大会での受賞経験を持つダンサーが講師を務めます

確かな技術と指導力のある講師だとご好評いただいてまいりました

ダンス大会での受賞歴を持つ、プロのダンサーとしても活躍する講師が、生徒様一人ひとりに寄り添った指導を行っています。本格的なベリーダンスのレッスンが受けられる教室を渋谷近辺でお探しの方は、ぜひご利用ください。それぞれのレベルに合わせて、丁寧な指導を徹底します。

指導力についてはもちろん、講師の対応や教室の雰囲気などについても、多くの生徒様からご好評いただいてきた実績がございます。大人の女性の魅力を引き出す趣味として楽しく続けていただけるよう、個性を大切にした指導を常に心がけてまいりました。

  • Farhana~ふぁるはな~

    Farhanaとはアラビア語でHappy,Joyfullという意味。


    2006年よりベリーダンスを始める。

    国内外の有名ダンサー、インストラクターに師事した後、より深い表現力や知識を得るため2012年よりSadia Camille氏の元、日々オリエンタルダンスを追究してきた。

    現在は独立。

    また、Team Dabke Japanメンバーとしてダブケダンサーとしても活躍中。​

    人を楽しませる、幸せにするダンサーとして、2016年4月にMaster teacherであるSadiaよりFarhana(ふぁるはな)という名を新たに賜る。


    ~ベリーダンスとは~

    ベリーダンスは中東、またパキスタンやインド、イランなどのアラブ圏内で誕生した踊りの西洋の呼称です。


    ヨーロッパでは時に「オリエンタル・ダンス(東洋の踊り)」とも呼ばれます。 同様にトルコでも「oryantal dansı(オリエンタル・ダンス)」と呼ばれています。 アメリカの愛好者の中には「ミドルイースタン・ダンス(中東の踊り)」と呼ぶ人もいます。  


    ベリーダンスはアラブ語ではraqs sharqi( ラクス・シャルキー)رقص شرقي ("東洋の踊り")あるいはraqs baladi(ラクス・バラディ) رقص بلدي (「国家」 又は 「民族」の 踊り)として知られています。 「ラクス・シャルキー」という単語の起源はエジプトにあると考えられています。 ​

    「ベリーダンス(腹部の踊り)」と西洋で呼ばれているものの、ラクス・シャルキーは体の全ての筋肉群を使って踊られます。


    基本的にベリーダンスは、音楽のリズムとなめらかに一体化した独特のダンスの「語彙」を用いるソロの即興ダンスです。 ​

    また、ベリーダンスと一緒に民族舞踊(フォークロア)が踊られることも多いです。

    サイーディーやハリージ、イスカンダラーニ、ハッガーラ、ファラーヒ、ダブケ、シーワ等その種類はとても豊富です。

    ​日本でもよく知られているものでは盆踊りや阿波踊り、もっと掘り下げるとエイサー、じょんがら節、アイヌ舞踊などなど その土地に根差した踊りがたくさんあります。これのアラブ版がフォークロアです。

    Farhana3

国内外の有名ダンサーに師事しダンスを学び、ダンス大会での受賞経験も持つプロのダンサーである講師が、それぞれのレベルに合わせて基礎から振り付けまで幅広いレッスンを行っています。見る人を楽しませることはもちろん、まずは踊り手自身が楽しめるようなダンスを目指し、楽しくアットホームな雰囲気づくりを心掛けてまいりました。生徒様にとって、年齢や経験に関係なく、仲間と一緒に踊ることを楽しめる教室を目指しています。これまでにダンスを習ったことのある方はもちろん、「何か新しい趣味が欲しい」「こんな風に踊れるようになってみたい」という、初心者の方も大歓迎です。

ご自身の魅力や個性をアピールするためにダンスの上達を目指すだけでなく、まずは楽しみながら体を動かすことで、健康で明るい生活づくりを目指せます。経験豊富な講師が丁寧な指導を行っていますので、少しでもご興味のある方は、ぜひ一度体験してみませんか。